きんとうん

リメンバーパールハーバー&リメンバーハルノート

投稿日:



 

忘れてはいけないことがある。

それは米英の陰謀にまんまと

乗せられてしまったことである。

 

真実は常に本人に都合良く語られる。

宣戦布告をせざるを得ない

状況に追い込んでおいて

 

日本が先に先制攻撃をするのを

ルーズベルトとチャーチルは

待っていた訳である。

 

太平洋戦争は米英によって引き起こされた人類史上最低の虚実と暴挙だ

 

ただ米国にも正義と人類愛を持つ人々が多い。

一事が万事、ひっくるめで責めるわけではない。

欺された方も悪いわけだから

 

真珠湾攻撃は卑怯なだまし討ちではない、ルーズベルトとハルの誘いに乗ってしまった上での周知の奇襲攻撃だ

 

早晩、日本軍の攻撃がなされることを

期待した日米交渉が行われていた。

1941年11月26日、米国の提案

 

【Ten Points】は日本にとっては

真珠湾攻撃に匹敵するほどの

とてつもない衝撃だった。

 

日本国内の原油備蓄量は2年分

確かに開戦を避ける道もあった。

誰も宣戦布告をしても万が一

 

勝てるとも思っていなかった。

もともと世界は石油利権を

基軸に覇権争いを続けてきた。

 

極東で勢力を拡大しはじめた

そんな日本を封じ込めたかったんだ。

そして広大な太平洋を間にして

 

米国と日本は対峙していたんだから。

ルーズベルトは出来れば被害が少ない

先制攻撃を期待していた。

 

その裏をかくような大胆にも

米国の無敵要塞パールハーバーを

誰も想像出来ないターゲットを

 

日本軍は選択し、ものの見事な

作戦を実行し、成功してしまった。

本当に卑怯で冷淡、残酷なヤツは

 

ルーズベルトなのである。

結果、原爆を落とし、空爆を行い

多くの民間人を灰燼としてしまった。

 

私はそのことを決して忘れない。

 

太平洋戦争、宣戦布告、ルールを遵守することを十二分に配慮したにもかかわらず卑怯者呼ばわりだ

 

筆者は海軍予備校であった”海城中学”に学んだ。

その大先輩に当たる”野村喜三郎”氏について語る先生がいた。

開戦の書類を手交されたのが遅れた?

 

今ならスマホで動画でも撮れば証拠になる。

本当に遅れたのだろうか?

その日は日曜日で手交しようにも

 

ノックをしても誰も出てこなかった。

結果、手交したときに攻撃は終わっていた。

野村喜三郎氏について悔しそうに

 

語る寂しそうなその先生を忘れることが出来ない。

そして、敗戦後、海軍予備校は普通の中学校になった。

その悔しさを忘れないで欲しいと語っていた。

 

結構、面白い教師が沢山いたように記憶する。

日本近代史を身近に教えられた。

社会党創設の鈴木茂三郎先生も大先輩になる。

 

北方四島や朝鮮半島、台湾、中国問題など太平洋戦争で失ったことへの不愉快さが未だに続く

 

皆さんは現状に満足されているんでしょうか?

日ソ中立を勝手に破棄して

千島・北方領土を勝手に自分のものにしている。

 

朝鮮半島の身勝手な言い分だ。

大人の日本になったから

黙って見ている。

 

エンジンも開発出来ない中国が

地球の覇権など夢物語である。

しかしながら戦前の日本政府も

 

近隣諸国に対してどうして

台湾に対するような後々まで

有り難く思われることをしなかったのか?

 

阿片で亡国となりつつある

中国を目の当たりにした

侍たちが勝てはしないが

 

米国をひと泡吹かせるまでに至った。

そして欧州は英国の身勝手に振り回されている。

力のなくなった大英帝国を見たまえ。

 

【一帯一路】などに付き合うようになっては

欧州連合も年老いた国家となってしまった。

アングロサクソンの300年が終わりを告げようとしている。

 

リメンバー ハル&ルーズベルト

日本は戦わずして世界に慕われる

そんな国になって行きたい。

カテゴリー

-きんとうん
-

Copyright© 趣味を副業にそして副業を本業に  あいじろぐ , 2019 All Rights Reserved.