きんとうん

選挙の度に思うこととこれからどうやって人を選べば良いか

投稿日:



 

選挙が行われる度に投票率の低下が語られる。

あなたは今回の選挙に行って投票しましたか。

本当に議論が必要なことを避けている。

 

当たり前のことを公約にして選挙に打って出ている。

自民党と公明党は別物のはずなのに同盟を組んでいる。

議席を確保するために互いに妥協し合っている。

 

選びようのない選挙にどうして若い者たちが喜んで行くだろうか?

 

矛盾に満ち溢れた公約に疑問を持つこともない。

疑問を持てもどうにもならない近未来の代議士。

つまらん失敗をなじり合う国会での議論。

 

憲法9条はそもそも机上の空論が書かれている

 

9条日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。

 

陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

この文章そのものが嘘出鱈目である。

ここに自衛隊を認める文言を入れようとしている。

 

僕がどちらの立場にも立たずに感ずること。

このような現実乖離した憲法自体を変更する。

今を変えずに議論しないことがおかしい。

 

もっぱら専守防衛に徹する陸海空自衛隊を保持する。

しかしながら国民の自然災害などによる緊急事態にその能力を使う。

この表現が正しいとは思いませんがしっかりとした議論があってしかるべきだと思う。

 

肝心なことを議論せずに逃げているから若者に馬鹿にされるのだ。

だって本当におかしいよね。

莫大な防衛予算があるし、米国からたくさんの最先端兵器を買わされている。

 

スポンサーリンク

 

間違いだらけの政治と出社感覚の政治家たち

 

大きな変革は多くの血が流れる。

明治維新と言うがそこに辿り着くまでにどれ程の有用な人材が死んでいったことだろうか。

そして明治が始まり混沌とした時間がどれ程流れたのだろうか。

 

激しい議論があっても良い。

悲しい憎しみ合いや殺し合いがない工夫をして欲しい。

そして真に革新的な明日、近未来、長期的な発展を議論してほしいものだ。

 

噛み合わない議論をするために議員を選ぶのは気が滅入る。

今よりも更に良い明日を生み出すために若い人材を選ぶ選挙に投票してみたい。

熱狂する選挙なんかが素晴らしいと思いませんか。

 

太平洋戦争が終わり随分と永い時間が過ぎ去り、世界の事情も相当に変わった

 

先進国は人口年齢構成比が大きく変動した。

社会保障制度が成り立たなくなった。

先進国の老朽化現象だ。

 

覇権国家を狙う中国も人口の高齢化が進んでいる。

いわゆる発展途上国の人口構成比は30代未満が圧倒的に多い。

多くの困難が待ち受けているのだが医療の進歩と高齢化国家を成り立たせる政治だ。

 

地球上の国々で始めての高齢化社会でありながらバランスの取れた出生率を実現する。

金融国家として社会保障制度が安心して運営される国になって欲しい。

最後に若者に夢がもてる国家にすることが急務である。

 

こんな議論を進んで行う若者には投票したくなりませんか。

カテゴリー

-きんとうん
-

Copyright© 趣味を副業にそして副業を本業に  あいじろぐ , 2019 All Rights Reserved.