ウェブビジネス

ウェブ情報でビジネスをする時代

2018年4月11日

https://pixabay.com



 

筆者は徒手空拳である。

過去には誰にも負けない実践と知識を築いた。

現在は自分とパソコンでビジネスをしている。

しばらく前までは想像も出来なかった。

 

菓子食品包装に関連する産業機械の販売

初めてホームページを作り、日曜日の夜10時に公開した。

翌日、朝8時30分にいきなり電話での問い合わせがあった。

こんなにも有効な方法とは思わなかった。

問い合わせがあるがなかなか成約につながらない

特に買い物カゴを用意したわけでは無い。

カード決済も準備していませんでした。

それは製品が余りにも高額で諸費用が容易に出ないからです。

 

見積書の提出までも届かなかった。

何ヶ月もかけて作ったホームページである。

何の知識も無く、教えてくれる人も無く、ゼロから始めた。

 

家では集中出来ない。

出張する機会を作り、昼間営業活動を行った。

その後、コンビニでおにぎりやパンを購入し

 

ホテルで朝まで勉強しながら作った。

ページを作ることも大変でした。

しかし、最も大変であったのが

 

仕入先から画像をお借りし掲載の了承を得ることが大変です。

先端的な考えをお持ちの仕入先は既に画像をCD-Rに用意され

それを頂ける会社もありました。

 

商品が高額なこともあり信用を頂けないことも大変です。

何より徒手空拳で事務所さえ無いわけですから。

時よりお問合せがあっても困難なお話しばかりでなかなかお金に結びつきません。

スポンサーリンク

ある日を境にして激変した

二つ目のホームページを作りました。

それでも効果が無く三つ目を作り8割方出来たところで

異変が起きました。

 

毎日、例えば1日に3軒も 問い合わせが来ます。

メーカーの取締役に同行頂き商談にいけるまでになりました。

1軒の契約額が\10,000,000~\30,000,000ほどの仕事です。

 

直ぐには決まりません。

クライアントは守秘義務を結ぶほどの案件です。

\5,000,000未満の機械装置は決まるのですが

 

大きいのが決まりません。

なにせ徒手空拳ですから。

手持ちのネタが20軒ほどになりました。

そこで1軒、10,000,000越えが決まりました。

その時、良く理解出来たことは

発注権限や機械選択の出来る人達が30代前後であり

 

スマホで調べて、その場で電話を掛けてくるのです。

そして非常に細かいところまで読みこんでいるではありませんか。

あの小さな液晶画面から貴重な情報を導き出しています。

 

お客様の仕事の進め方を見ていてウェブだスマホだと確信しました

もうその手法が当たり前なのです。

と思っている途中に以前ウェブでご購入頂いたお客様から

\9,000,000のオーダーを頂きました。

この辺りから自信が出ていました。

一つの話が消えても

直ぐに二つ新規の依頼が来ます。

 

日本の頂点にいるような企業様から御依頼を受けます。

誰がキーマンか!何に困っているか。

これが分かりアポイントメントが取れるわけですから

 

その後は営業のプロとして成約に結びつけていけます。

数ヶ月経つともの凄い自信になりました。

なにせウェブから来訪下さるクライアントは全て新規顧客になるわけです。

 

じつは半年前に自分に言い聞かせました。

自分のビジネスで最低粗利\1,000,000-/月

ウェブで\1,000,000/月

 

合計\2,000,000あれば理想のライフスタイルが出来る。

それがウェブが今、ぶれています。

しかし本業(これも畢竟ウェブですが)で\2,000,000越えが

 

楽に行けそうなんです。

 

自らに課した目標を達成していく喜び

下手くそなブログを書いています。

しかし念ずれば道は開けるのです。

諦めないで突き進んでいます。

 

僕はウェブページを作ることについてはほとんどド素人です。

それでも本当に僕にしか出来ないことを表現し

そして説明をして行けば必ず読んでくれる人が出て来ます。

 

そして必ずお声を掛けてくれるのです。

全くもって下手くそですが上手になるようにこれからも頑張っていきます。

カテゴリー

-ウェブビジネス
-

Copyright© 趣味を副業にそして副業を本業に  あいじろぐ , 2019 All Rights Reserved.