世界

平昌オリンピックの開会式は素晴らしかった

2018年2月10日

https://pixabay.com



 

その開会式は素晴らしい映像として見させて頂いた。

極寒の平昌を素晴らしく飾り立てていた。

特に見ようとは思っていなかったのだがテレビでついつい見てしまった。

ロシアのドーピングや北朝鮮問題を抱えながらも立派なものだった。

 

興味はないけどやっぱり気になる開会式

 

みっともないかと思ったら結構クリエーティブで良かった

家にいる時はテレビのチャンネル権は私にない。

よって家族の意向でる番組は決められる。

昨日からオリンピックの開会式を見せられている。

食中毒などを起こしているのでみっともない開会式だろうとそう考えていたが結構レベルの高い開会式が行われていた。

今もその様子が映し出されている。

開会式場に出て来る書く国の順序はハングル文字順だそうです。

”いろはにほへと”でなかったことにホッとしております。

北朝鮮と韓国がコリアとして出て来たことは是非が分かれるだろう。

案の定、開会式場の外では「北朝鮮が平昌にくるなんて嘆かわしい」「金正恩、地獄に落ちろ!」等の反対派が抗議をしていたようだ。

韓国の気持ちも賛成派、反対派それぞれありどちらの主張も聞けば解らなくもない。

ただ右か左か唱えてみても相手のあることなので二者択一の結論は困難を極める。

それはそれとして久しぶりに素晴らしい映像美を見させて頂いた。

 

文在寅大統領と安倍首相が近くにいるのは不思議な気がする。

ただ、慰安婦像を世界中に造るその無神経さに辟易する。

慰安婦等の過去の問題は取り返すことが出来ない。

所謂、日本の植民地であったことを世界に宣伝するだけの話。

中東のIS等が行っている性奴隷と比較して意味合いがかなり違う。

何十年も前からいろいろな歴史、戦争映画でも取り上げられて来た。

多くの慰安婦の方々の中には明日は死に向かう日本兵を哀れに思う方も沢山いたようだ。

また中東でのISには解放された女性達は迷彩色の軍服に身を包みライフルを手に持ち死を覚悟でISに立ち向かっている。

このような惨い現実が今尚行われていることが悲しく思われます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

北米からの参加者がとても多かった

参加人数ではアメリカがオリンピック史上最多の人数であった。

これは単に競技者が多いだけではなく韓国と米国の関係の深さを感じた。

オリンピックに夢中に成れれば良いのだがどうしても邪(よこしま)な考えが浮かんで来てしまう。

戦前、戦中を通じ朝鮮半島は日本であった。

台湾も日本であった。中国共産党さんのお偉いさんは歴史を思い返せとどの時代の歴史を振り返るのかを御説明なさっていない。

戦争をしてどちらが強いか否かは語るに劣る。

しかし、屈服していた時代を思い返せと言うことなのか。

 

確かに日本は米英に無条件降伏を宣言した。

そしてその対価を補って余りあるものを与えて来た。

強いて言えば北朝鮮自体は勝手にまだ戦中なので日本はその対価を与えてはいない。

 

しかし、表面には見えないところで北朝鮮の経済に貢献をして来た。

日本国内にある朝鮮学校についても多くの便宜を図って来たのである。

と言うより日本は戦争をしない忘れる国になったのだ。

 

その日本を勝手に挑発しているのが朝鮮半島の民である。

平昌オリンピックは平和の祭典だ。折角の機会である。

北東アジアの私たちが1日も早くお互いに切磋琢磨し世界に貢献し互いに肩を抱き合い称え合える仲になる日を期待しています。

 

それにしても米国の参加者が多いのにはビックリ致しました。

 

競技を通じ多くの感動と平和を希求するプレーを期待しています。

冬季オリンピックなので浅田真央ちゃんが解説者でも出て来て頂ければ

視聴率は非常に高まると思っていましたが今回は全く関係ない立場でいるようです。

オリンピックに余り興味がないと入っておりますがアイススケートやスノーボード、スキージャンプ、モッグル等を楽しみにしております。

 

日本オリンピック委員会 ←こちらのリンクから競技日程が判ります。

 

皆さんオリンピックを楽しみに見て下さい。

 

子供の頃から多くの朝鮮半島出身者の友人に囲まれて育ちました。

その祖国への思いや国籍の問題で悩む友人達と接して来ました。

どこかで終止符を打ち、未来に希望が持てるようになって欲しいのです。

 

ただ、韓国旅行へ行った際に、日本で報道されるような反日的な対応は全くありません。

どちらかと言えばウェルカムムードが強烈です。

今回の冬季オリンピックでその実情を報道の方々には伝えて欲しいと思います。

 

極端な出来事を伝えることで成績を伸ばせるとしたら暗部を報道するより今は真実の姿を伝えることで報道関係者の評価が高くなると信じます。

オリンピック競技も楽しみですがプレスによる本当は仲が良い姿をどんどん届けて欲しいと思います。

 

 

カテゴリー

-世界
-

Copyright© 趣味を副業にそして副業を本業に  あいじろぐ , 2019 All Rights Reserved.