経済

『ホワイト国』政令改正で日韓関係はどうなるのだろう



 

今回の問題は情報の発信者の捉え方で受け取る側の考えが変わる。

しかし冷静な視点で考えると「お隣の韓国のことだから」と

甘い対応をしてきた今までの日本政府が目を覚ました。

 

主権国家として当たり前の判断を行い、政令を改正した。

あれほどの親日国”台湾”でさえ【ホワイト国】ではない。

 

まるで日本の属国のような甘えた姿勢が問われているのである

 

軍事転用できる物質や物品の管理体制の是正を問い質しているのである。

しかし、その意向を無視し信頼ある行動もなくただ単に反日感情を煽る。

そして感情的な言動や文言を振り回し、いつも正義は自分にあると憤る。

 

良識ある両国民は冷静な目で成り行きを見つめているだけだが…

 

韓国は日韓請求権協定に反し改めようともしない。

慰安婦問題日韓合意を一方的に破った

自衛隊機にはロックオンする。

 

他国では日本の悪口を広め

これでもかこれでもかとばかりに反日行為を重ね続ける

特別扱いだけはしっかりお願いねでは堪忍袋の緒が切れて当たり前。

 

中米露北朝鮮は馬鹿な奴らだと心の中であざ笑っている。

日本政府は今回の政令改正に合わせて190以上もの

対韓政策の対応を既にリストアップしているらしい。

 

実際に8月7日に政令を公布し、28日に施行する

しかし、禁輸措置ではなく日本経済に影響を及ぼすことはない

韓国政府の馬鹿げた過剰反応ぶりには呆れてしまう。

 

スポンサーリンク

 

韓国の反応が面白くもありそれだけに日本政府も対応を熟慮すべきだと思う

 

重ねて言うが禁輸ではない。

手続きの厳格化を実施するわけだ。

それをここまで大騒ぎする。

 

それは厳格化することで輸入が出来ない不正が行われているのか

よほど後ろめたいことがあるのかもしれない。

そのように勘ぐられても仕方ないほどの過剰反応だ。

 

韓国銀行が3年ぶりに利下げを決めた

日本が半導体に不可欠な物質の輸出管理厳格化を決めたことで

韓国経済の不確実性が高まったと判断したのだろうか?

 

厳格化であり、禁輸措置ではない訳でその反応が大袈裟すぎる理由

 

文在寅の経済政策の失政対日外交の不手際

誤魔化す材料として対日強硬策は有効である。

韓国は世界に日本を貶める発言を行うであろう。

 

過去に何度も不愉快な思いをさせられてきたことだろうか。

そう思えばあらゆることを想定し完璧な対応を準備するべきだ。

大騒ぎしているのは文在寅政権だけなのだから。

カテゴリー

-経済
-

Copyright© 趣味を副業にそして副業を本業に  あいじろぐ , 2019 All Rights Reserved.