文学

文学

三島由紀夫と『豊穣の海』「春の雪」日本国精神の継続性

2019/6/28    

安易な気持ちで訪れても聡子は会ってくれない。だから敢えて雪が降る中を訪れる。そこで危篤状態になってもその身を案じて出てこない聡子の気持ちも現代的考え方ではおかし過ぎる。しかし、そんな永遠の拒絶を決意するそんな時代背景がそこにはあった。

文学

三島由紀夫著『豊穣の海』第一巻「春の雪」--輪廻転生

2019/6/28    

何より、当時の文章にされた言葉は深い教養と鍛えられた精神をもって書かれた。
その文脈には憧れを持っている。また文字を扱う者達の命懸けの仕事ぶりである。

文学

三島由紀夫著『豊穣の海』第一巻「春の雪」映画は無用

2019/6/28    

「春の雪」はその文中の言葉が心に焼き付くほどに読み込んだ。到る場面で大正時代の装飾品を美しい言葉で表現している。文字を読みながらも目の前に映像が繰り広げられる。松枝清顕と聡子、二つ上の聡子が「きよ様」と呼ぶ。互いに心の綾取りが難しく絡み合ってほどけない。

文学

宮沢賢治「春と修羅」は法華経が根底にあり人類のバイブルだと私は思う

2019/6/28    

随分とありふれた人になってしまったのだろうか。 私の中では悲 ...

Copyright© 趣味を副業にそして副業を本業に  あいじろぐ , 2019 All Rights Reserved.